低価格ASPのメリットとデメリット

Posted on 2017.7.7 By

ECサイトの低価格ASPにおけるメリットは、なんといってもコストパフォーマンスに優れている点です。自社開発でECサイトを開設したり、ECサイト開設を専門に手掛けている企業へと仕事を依頼したりすれば、数百万円、数千万円単位でコストが発生するだけでなく、開設まで時間がかかってしまうという問題がありますが、低価格ASPならばコストの問題は一手に解消してくれることになります。多くのASPが月額料金を支払う代わりにECサイトを運営できるという料金システムになっており、価格についても月額で1万円を切るサービスが多いのも知っておくべきですね。利用料金が無料のECサイトASPも登場していますので、誰でも手軽に開設することができます。

低価格ASPを利用するデメリットとしては、自社開発とは違い、サイトのデザインを自由に行えないという点が挙げられます。たとえばファッション関係の製品を販売するようなECサイトならば、ブランドのイメージがサイトのイメージとリンクすると好印象を持たれることになりますので、サイトのデザイニングには力を入れていきたいところです。ですが、低価格ASPの場合、デザインの自由度が損なわれてしまうことがあります。商品や購買層などを見極めて、販売に適したASPを選ぶことが大切です。

未分類


手軽に始められるECサイト

Posted on 2017.7.4 By

ECサイトを一から自社開発するとなると、途方のないほどの費用と製作期間を要することになりますので、これまでは一部の大企業しかこれを行うことができませんでした。費用の金額としては一千万円以上、製作期間についても開設まで何年もの歳月を費やしてようやく軌道に乗るというレベルですので、これでは中小企業が参入しづらいという問題がありました。ですが、近年ではASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用してECサイトを新規開設できるようになっており、これならば上記のような多大なコストもかかることはありません。誰でも手軽に始められるようになったというわけですね。

ASPを活用したECサイトの導入コストはピンからキリまでありますが、低価格のものを利用すれば、月額1万円程度でもネット上での取引が可能となります。中には初期投資が全く必要無い、費用無料のASPもありますので、コストを最小限に抑えたいのであれば、こういった低価格帯のASPを活用してみることを強くおすすめします。高価格なASPもあり、こちらはサイトデザインの自由度にも幅が広いという特徴がありますが、低価格のサービスでもそれなりのクオリティは維持できますので、ECサイトを開設したいのであれば、まずは費用無料のECサイトASPを活用してみてください。

未分類


ECサイト構築にはお金がかかる!

Posted on 2017.7.1 By

商品や製品を販売する営業は仕事の花形とも呼ばれる存在ですが、お店を構えて販売したり会社へ訪問して販売したりといったような従来の営業方法に代わって現在注目されているものがあります。ECサイトのようなインターネットを介した営業方法です。ネット通販はその代表的な例と言うことができ、店舗を持たないことによってランニングコストを安く済ませられ、その分より安く製品を提供できる点が魅力になっています。それではECサイトを開設、運営していくために必要となる業務について見ていきましょう。

ECサイトを開設するためには専門のSEやプログラマーなどの能力が必要になります。既に自社でそういった能力を持っている人材を確保しているのであれば任せられますが、そうでない場合には業者に開設の依頼をするという方法があります。業者に頼めばそれなりのクオリティのものを作っていただけますし、また使い勝手の良いサイトに作り上げてくれるので、多くの企業はこちらの方法を選ぶことでしょう。業者に依頼するということは当然ながら製作のための費用が発生することになるわけですが、ここで1つだけ問題が発生してしまいます。それはECサイトの解説にはお金がかかってしまうという点です。しかしながら多少の初期投資を惜しまなければ、ユーザーが使いやすく、機能性の高いECサイトを構築してもらえることでしょう。

関連サイト⇒⇒ECサイト構築依頼

 

未分類